2019年03月27日 自分にとって必要な記憶を思い出すだけで、あがり症が改善される

あなたは人前に立つと、

声が震える
手が震える
足が震える

 

 


確かにこのような事が起きれば気になって気になってしょうがなかったかもしれません。

 

心理カウンセラーの菊地です。

あなたの心は今何を感じていますか?


声が震えなければいいな…
手の震えが止まればいいな…
足が震えなければいいな…

と、このことだけで頭がいっぱいになっていました。

 




そして、この震えを隠すことに最大限の力を発揮し、乗り切るということを続けてきた事に疲れてきたのかもしれません。

催眠状態になった時に、幼少期の頃言いたいことをがまんしていた記憶にたどりつきました。

 



自分が、がまんをさせていたことが遠い記憶の中から思い起こされました。

あなたにとって必要な記憶が、あがり症を何とかしようと思った事で思い出すことができました。

あがり症でならなかった本来の目的まで行き着いた事で、あがり症と思う必要はなくなりました。

 


メルマガでは悩みとはいったい何なのか?をさらにわかりやすくお伝えしていきます。

 

無料メルマガの登録は↓

心理療法で明るく楽しい人生を生きるメルマガ 
ご登録はこちらから   https://resast.jp/subscribe/105514

 

 

参加するだけで自分がどんどん好きになるワークショップ 

詳しくは↓

https://resast.jp/events/330750

 

 

HPはこちら

ブランピュール~人生は選択の連続であり自分で切り拓く事ができる~

心理療法 ピュアハート 代表 菊地 京子

 

カウンセリング・心理療法のご相談

HP https://www.pure-heart.net/

 

☆この内容はNPO日本心理カウンセラー協会のブログにも転載している場合があります。